手紙の書き方の基本と基礎知識についてのまとめ

今はメールや電話が普通の時代になり、手紙と聞くとあまり身近なものではなくなってしまっているかもしれませんが、形に残る。タイムラグの楽しみ。わざわざ手紙を書いてくれたことそのもののうれしさなど、手軽に済ませられる伝達手段では味わえないような良さもポイントになっています。

本来、そこまでマナーやルールに厳しくされているものではなく、自分の気持ちを伝えるものが第一になりますので、自分のコトバで手紙を綴るだけで十分素敵なものになりますので、あまり考えすぎなくても問題ありません。知っておいた方が「得」くらいの感覚で以下手紙についての基礎知識とルールを参考程度にしてみてください。

 

手紙の基本、マナー

ここでは、基本的な手紙のことについて紹介しています。「はがき?封書?どっちがいいの?」というような視点や、基本的な手紙を書くことのマインドを紹介していますので、以下参考にしてみてください。

 

手紙の基本構成、組み立て

ここでは、実際に手紙を書く際の部分になります。手紙の成り立ちと手紙の構成についての詳しい説明になります。自分が手紙を書く際にも参考にできる組み立て方の方を紹介していますので、書く前にチェックしておくといいでしょう。

 

手紙の構成要素

上記の手紙の構成要素の詳しい説明になります。それぞれ手紙の中での役割があり、手紙を組み立てる際に知っておいた方がいい基礎知識も入っていますので、よりフォーマルな手紙を書く場合についてはチェックしておきましょう。

カジュアルな場面での手紙であれば、あまり気にする必要はありませんが、いざという時にこまらないように確認しておくのもいいでしょう。

 

頭語と結語

手紙における「頭語」と「結語」

手紙において「拝啓」や「謹啓」、「敬具」や「かしこ」といったような決まり文句があるのを知っている人も多いかもしれませんが、その部分についての解説になります。

基本的に、頭語(頭にくるコトバ)と結語(最後にくるコトバ)というのはそれぞれセットになっています。知っておいた方が何かと便利ですので、参考にしてみましょう。

 

敬語の基本、敬称

・敬語の使い方の基本
宛名の敬称

よく手紙を書く人であれば、「なんだっけ」と不安になることもないかもしれませんが、意外とごちゃごちゃしてしまうのが敬称や敬語といった部分。相手に失礼があっては問題ですので、あらかじめチェックしておきましょう。

 

時候のあいさつ

俳句における季語のようなもので、日本の手紙の美しいところでもあり少々小難しい部分でもあります。昔の人はコトバのおしゃれを知っていたようで、それぞれ確認してみても面白い時候のあいさつとなっています。

フォーマルな手紙を書く際にはチェックしてみてオシャレな挨拶を手紙に盛り込んでみるのも手紙の楽しさとも言えるでしょう。

 

一般的なあいさつの基本

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です