7月(文月)の時候の挨拶(フォーマル・カジュアル)と手紙の書き出しの例と書き方

7月の季節の時候の挨拶と書き出しのまとめ

7月(文月)の時候の挨拶の紹介になります。基本的には、時候の挨拶+安否の挨拶のセットになりますので、時候の挨拶を書いた後、安否を尋ねる文と伝える挨拶を組み合わせて7月の手紙の書き出しとして書くのが一般的です。

 

 

フォーマルな7月の時候の挨拶

・成夏の候
・極暑のみぎり
・厳暑の折
・猛夏の候
・炎暑のみぎり

盛夏、猛暑、酷暑、炎暑、盛暑、向暑、厳暑、極暑、烈暑、炎熱
+「~の候」「~のみぎり」「~の折」で時候のあいさつとすることもできます

 

カジュアルな7月の時候の挨拶

・土用に入りましてから、いよいよ炎暑耐え難い日が続いております
・書中お見舞い申し上げます
・梅雨も明けて、暑さがにわかに加わってまいりました
・日毎に炎暑が厳しさをます今日この頃
・記録破りの酷暑にクーラーも役立たずとなりました
・うだるような暑さに身も溶けてしまいそうな毎日です
・今年は例年にない暑さ、いかがおしのぎですか
・寝苦しい熱帯夜がこうも続くと疲れはたまる一方です

 

時候の挨拶の後につなげる安否の挨拶

安否を尋ねる挨拶

皆様におかれましては、いかがお過ごしですか。心からお喜び申し上げます
皆様にはますますご健勝のことと存じます
皆様におかれましてはその後ご清栄のことと拝察いたします
皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。心よりお喜び申し上げます

安否を報告する挨拶

私もお陰様で家族一同元気にしておりますのでご安心ください
私も相変わらず混交な毎日を過ごしておりますからご安心ください

 

これからの時候の挨拶

      2016/12/19

 - 季節の挨拶