相手の安否を尋ねる挨拶の詳細と例文集

相手の安否を確認

 

相手の安否を尋ねる挨拶は、前文の項目で、頭語→時候の挨拶→安否を尋ねる挨拶。と三番目にあたる部分になります。色々と書き方はありますが、難しくはありません。ひとつの文例として下記のフローチャートをご紹介させて頂きますので、参考にしてみてください。

 

 

 

aisatuyougo

会社団体の場合

 

個人的な手紙ではなく、会社、団体宛に手紙を出す場合、基本的には、上記のフローチャートを参考にしていただければ問題ありませんが、相手方の呼称の方はケースバイケースで使い分けましょう。該当するものを下記の表を参考にして使ってみて下さい。

 

 

ビジネス(会社、団体)
 呼称  

貴社/御社/皆様/皆々様/

貴殿/貴店/貴行/各位

 

 

相手の安否を尋ねる挨拶の次は、自分の近況や安否を知らせる挨拶になります。あくまでフォーマルな手紙の例になりますので、親しい人にはもっとフランクに綴ってみてもいいかもしれません。

参考リンク:(リンク)

 

また、安否を伝える挨拶のまとめページはこちらになりますので、あわせて参考にしてみてください。

参考リンク:安否のあいさつ文例フローチャート

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です