手紙の書き方、英語の手紙の書き方ナビ|Liaty.com

手紙の書き方、英語の手紙の書き方のトータルナビ

はがきと封書の使い分けとそれぞれの特徴の比較と違いについてのまとめ

はがきと封書の選択についてとそれぞれの特徴

意外と「どっちにしたらいいんだろう」と迷ったり、不安になったりすることがあるはがきと封書の使い分けではありますが、それぞれの特徴を考えてみるとわかりやすいかなと思います。

また、はがきにははがきの。封書には封書が最適な場面やシーンというのもありますので、それぞれの状況や事情に応じて使い分けていきましょう。はがきと封書の違い、特徴をまとめてみましたので、どっちか迷う場合やわからない場合は下記の特徴を参考にして選んでみてください。

 

はがきの特徴・メリット

はがきに向いている手紙や特徴

◆文章量の少ない手紙
◆誰に見られてもよい手紙
◆友人、知人等の改まる必要のない相手への手紙
◆気軽、気楽な内容の手紙

良さ・メリット

◆簡潔明瞭
◆フレンドリーでフランクな印象

基本的には、文章量も限られてますので挨拶的な意味合いが強いのもはがきでしょう。年賀状や旅先で書くポストカードなど、文章が少ない代わりに現状や状況がわかりやすいものが好まれます。

ただし、気を付けてほしいことが一点あります。それは、はがきは、受取人以外の人の目にも晒される可能性があります。裏と表という簡易的なものになりますので、当然といえば当然ですが、注意しましょう。

なので、他人の目に晒されては困る内容や、改まるべき内容の手紙には向きません。プライバシーに触れてしまうような内容も避けるべきです。文章では書ききれないようなことは、絵や写真で伝えるともらったほうも想像しやすいでしょう。

 

封書の特徴・メリット

封書に向いている手紙や特徴

◆改まった内容の手紙
◆目上の人へ向けた手紙
◆第三者に内容を知られたくない手紙
◆文章量の多い手紙

良さ・メリット

◆文章が多く掛け、詳細の記載が可能
◆より丁寧で親切な印象

はがきとは違い、封書は非公開文書でありますから、開封者以外には内容を見られる心配はありません。また、ある程度限られた文章しか載せられないはがきとは違い、便箋を増やせば文章の量ははるかに多く書くことができます。

改まった内容であったり、自分と相手だけで共有したいような情報や話の場合は封書を選択しましょう。文章もはがきのように有限ではないので、伝えたいことが長くなってしまう場合や表現が難しい場合は、長い文章を書ける封書にしましょう。

 

はがき、封書をシーンや目的別で適切に選択

上記のような違いがはがきと封書にはあります。気軽な内容で手紙を送りたい場合ははがきを。改まったしっかりしたい気持ちを伝えたい場合は封書を選択するのがベターと言えるでしょう。

はがきや封書の書く際に気をつけたいポイントもまとめてみましたので、下記参考にしてみてください。

はがきと封書を出す時に確認しておきたい基本的なマナー4つ【まとめ】
はがきと封書についてのマナー知っているようで意外と知らないマナーについて、今回はご紹介させて頂きたいと思います。受け取る相手のことを考えて書く行為自体が手紙...

 

それぞれ、はがきにははがきの良さが、封書には封書の良さがあります。時と場面によってしっかりと使い分けをしていきましょう。それだけでなく、それぞれの特徴がわかれば、その特徴や良さを生かし相手に素敵な手紙が書けるようになるかと思います。

そういったことを踏まえ、使い分けをしてみましょう。

      2016/12/10

 - 手紙の書き方