手紙の書き方で確認しておきたい「前文」と手紙の冒頭部分と初めの書き方

手紙の始まりの部分「前文」の構成と書き方

前文とは、主文へ入る前の様々なあいさつのことを一般的には指します。頭語であったり時候の挨拶だったり相手の安否を尋ねたりと前文においては、形式的な形をとることが多いですが、前文があることでより丁寧な印象を与えることができます。

「前文」の要素とそれぞれの役割

頭語

手紙の一番初めに来る言葉で、結語とセットで使用します。イメージしやすいもので言うと”拝啓”や”前略”などの決まり文句のようなもののことです。

手紙の種類 頭語
 一般的な手紙 男性 拝啓/拝呈/啓上
女性 一筆申し上げます/はがきで失礼致します
親しい人への手紙 こんにちは/啓
ていねいな手紙 男性 謹啓/謹呈/恭啓/粛啓
女性 謹んで申し上げます
 初めての手紙 初めてお便りを差し上げます/
突然お手紙を差し上げる失礼をお許し下さい
 重ねて出す手紙 男性 再啓/再呈/追啓
女性 重ねて申し上げます
一般的な返信の手紙 拝復/復啓/お便り感謝致します
お手紙拝見いたしました
 ていねいな返信 男性 御状拝見/謹復/謹答/ご書面拝見
女性 お手紙ありがたく拝見致しました
 返信が遅れてしまったとき  【理由~】ご返事は遅れて誠に
申し訳ございませんでした。
緊急の手紙 男性 急啓/急白/急呈
女性 さっそくですが/取り急ぎ申し上げます
 前文省略のとき 男性 前略/略啓/前略ごめん
女性 前略/前略ごめんください

その他詳しい頭語と結語については、こちらにまとめていますので確認してみてください。

手紙における「頭語」と「結語」の組み合わせの解説とそれぞれの種類・使い分け
手紙における「頭語」と「結語」の役割と種類手紙の書き出しで「拝啓」「謹啓」「前略」等を使い、手紙の最後で「敬具」「かしこ」などと結ぶルールがあるのはご存知か...

 

時候の挨拶

季節や時期、天候などに対応し自分の心情や季節感を表現するあいさつになります。月毎に使用する季節の挨拶や時期によって適切な挨拶等がありますので、それぞれ手紙を書く日によって確認しておきましょう。

書き方のルールとして一般的には、頭語の後に一字開けて書きはじめるのが通例になります。

 

安否を尋ねるあいさつ

時候の挨拶に続いて、相手の安否と自分の近況や安否を伝えるあいさつになります。時候の挨拶と安否の挨拶をセットで前文を構成していますので、この部分も抑えておきましょう。

相手の安否を尋ねる挨拶

※クリックで拡大

自分の安否を報告する挨拶

※クリックで拡大

相手の安否を尋ねる挨拶の詳細と例文集
相手の安否を確認 相手の安否を尋ねる挨拶は、前文の項目で、頭語→時候の挨拶→安否を尋ねる挨拶。と三番目にあたる部分になります。色々と書き方はありますが、難...

 

自分の安否を知らせるあいさつの詳細と例文
自分の安否を知らせる相手の安否を尋ねる挨拶でご紹介させて頂きましたが、相手の安否を尋ねた後に、自分の安否について伝えるのが一般的になります。ここの部分も前回...

 

前文で注意しないといけない事とポイント

前文も場合によっては使い分けが必要になってきます。その場その場での対応が少し違ってくるので注意してください。

前文を書いてはいけない場合

・死亡、不幸の通知、お知らせ
・病気、災害などのお見舞い状

前文を省略できる場合

・親しい友人、知人に送る場合
・前文のない手紙への返信
・ハガキ
etc....

ビジネスやフォーマルな場面では前文はあった方が丁寧になりますので、書きましょう。ただ、親しい間柄の方に手紙を送る場合、形式ばりすぎて不快感を与えかねないので、その時々にそれぞれ判断して書きましょう。

      2016/12/17

 - 手紙の書き方