6月(水無月)の時候の挨拶(フォーマル・カジュアル)と手紙の書き出しの例と書き方

PR




6月の季節の時候の挨拶と書き出しのまとめ

6月(水無月)の時候の挨拶の紹介になります。基本的には、時候の挨拶+安否の挨拶のセットになりますので、時候の挨拶を書いた後、安否を尋ねる文と伝える挨拶を組み合わせて6月の手紙の書き出しとして書くのが一般的です。

 

フォーマルな6月の時候の挨拶

・初夏の候
・梅雨の折
・孟夏のみぎり
・麦秋の候
・深緑の折

入梅、梅雨、梅雨空、長雨、小夏、初夏、立夏、青葉、深緑、夏秋、麦秋、向暑
+「~の候」「~のみぎり」「~の折」で時候のあいさつとすることもできます

 

カジュアルな手紙

・あじさいの花がさみだれに濡れ
・こちらは梅雨入りの宣言がでました
・こんなに梅雨の長いの何年ぶりのことでしょう
・雨に現れた庭の木々の緑が美しく風にそよいで
・道端につゆ草をみつけました
・街行く人の装いはすっかり夏になりました。衣替えの季節ですね
・梅雨の晴れ間は目に太陽がまぶしくて
・夜になるとカエルの合唱。そんな季節になりました
・雨に濡れた深緑は鮮やかできれいです

 

時候の挨拶の後につなげる安否の挨拶

安否を尋ねる挨拶

皆様におかれましては、いかがお過ごしですか。心からお喜び申し上げます
皆様にはますますご健勝のことと存じます
皆様におかれましてはその後ご清栄のことと拝察いたします
皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。心よりお喜び申し上げます

安否を報告する挨拶

私もお陰様で家族一同元気にしておりますのでご安心ください
私も相変わらず混交な毎日を過ごしておりますからご安心ください

手紙冒頭の挨拶と安否に関する挨拶について手紙の組み立て方と構成で始めの書き出しになる部分というのが、①頭語→②時候の挨拶→③安否の挨拶という流れになるのが、手紙の書き方の始まりの決まりの部分になります。その中で、自分や相手の近況を軽く触れる文として利用される「安否のあいさつ」について、一般的な文例と組み合わせをまとめていますので、参考にしてみてください。自分なりに言葉を綴りたいという場合は問題ありませんが、いざ書くとなった時迷うこともあるかもしれないので、文例として参考にしてみるのがいいでしょう。...

 

これからの時候の挨拶

7月の季節の時候の挨拶と書き出しのまとめ7月(文月)の時候の挨拶の紹介になります。基本的には、時候の挨拶+安否の挨拶のセットになりますので、時候の挨拶を書いた後、安否を尋ねる文と伝える挨拶を組み合わせて7月の手紙の書き出しとして書くのが一般的です。  フォーマルな7月の時候の挨拶・成夏の候 ・極暑のみぎり ・厳暑の折 ・猛夏の候 ・炎暑のみぎり盛夏、猛暑、酷暑、炎暑、盛暑、向暑、厳暑、極暑、烈暑、炎熱+「~の候」「~のみぎり」「~の折」で時候のあいさつとすることもできます カジュアルな7月の時候...
8月の季節の時候の挨拶と書き出しのまとめ8月(葉月)の時候の挨拶の紹介になります。基本的には、時候の挨拶+安否の挨拶のセットになりますので、時候の挨拶を書いた後、安否を尋ねる文と伝える挨拶を組み合わせて8月の手紙の書き出しとして書くのが一般的です。 フォーマルな8月の時候の挨拶・残暑の候 ・晩夏のみぎり ・秋涼の折 ・納涼のみぎり残暑、晩夏、残夏、処暑、暮夏、暁夏、秋暑、納涼、初秋、立秋+「~の候」「~のみぎり」「~の折」で時候のあいさつとすることもできます カジュアルな8月の時候の挨拶・連日...
9月の季節の時候の挨拶と書き出しのまとめ9月(長月)の時候の挨拶の紹介になります。基本的には、時候の挨拶+安否の挨拶のセットになりますので、時候の挨拶を書いた後、安否を尋ねる文と伝える挨拶を組み合わせて9月の手紙の書き出しとして書くのが一般的です。 フォーマルな9月の時候の挨拶・初秋の折 ・新秋のみぎり ・清涼の候 ・新涼の折 ・秋分のみぎり初秋、早秋、新秋、猛秋、秋冷、秋分、秋涼、秋色、涼風、早涼、清涼、新涼+「~の候」「~のみぎり」「~の折」で時候のあいさつとすることもできます カジュアル...

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です