英語でお断り、お詫びの手紙の書き方

英語でお断り、お詫びの手紙のポイント

bsN853_ayamarudanseitookorujyosei

断る手紙にはなるべく相手の要求に応えられない理由を率直に述べて、相手の感情を害さないように注意しましょう。

 

お詫びも、素直に自分の非を認めて文にしましょう。この類の手紙によく使われる決まり文句”i deeply regret to ”や”i am sorry that”などは覚えておきましょう。

 

どちらも変な言い訳をせずに正直な気持ちを伝えることがお互い後腐れなく終われるでしょう。曖昧の表現は避け、しっかりと気持ちを伝えましょう

 

 

お断り・おわびの文例

英語でお断りの例文


 

Dear Dale

in order to meet your request, I tried every means to find the whisky, but I could not obtain the one that you wanted. Please fprgive my failure.

Taro


 

 

お断り日本語訳


 

デール様

あなたからのご依頼なので、断るわけにもいかないと思いいろいろと努力してみたのですが、あなたが欲しがってられたウィスキーは手に入りませんでした。お役にたてず申し訳ありません。

太郎


 

 

 

英語でお詫びの例文


 

Dear Dale

During these who two months I received two letters from you,while i have written nothing. I guess you are angry whis me,but I have been extremely busy with preparations for a university entrance examination. i could find no time and had no mood to write to you. Please accept my sincere apology.

Taro


 

 

 

 

お詫びの日本語訳


 

デール様

この二か月の間にあなたから手紙を2通うけとっていますが、それに対して、返事をだせていません。気分を悪くさせてしまっているかもしれません。しかし、落ち着いて手紙を書く時間もなければ、その気にもなれなかったのです。大学の入学準備でとても忙しかったからです。誠に申し訳ありませんでした。

太郎


 

 

 

単語

in order to : するために

try every means to : しようといろいろ努力する

be angry with : を怒る

preparation for : の準備で

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です