年賀状の書き方とポイントと例文、文例のまとめ

年賀状は年の始め、新年を迎えてはじめに読む便りになります。たくさんの年賀状を出す場合には印刷の方が都合が良いでしょう。今はソフトや宛名印刷の便利なサービスもありますので、利用してみたほうが時間と手間も短縮できるでしょう。

ただし、大勢に年賀状を出す場合はどうしても形式的な文面や内容になってしまうので、一言自筆で添えるのも丁寧な年賀状になるでしょう。

>>おすすめの年賀状印刷サービスとソフト

 

年賀状の書き方、例文・文例

例文①

謹賀新年

旧年は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

山田太郎
幸子
住所:東京都○○市○○○

 

例文②

謹んで新春のお喜びを申し上げます。
本年も相変わらずご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

山田太郎
幸子

 

賀詞の種類とパターン

・謹賀新年
・恭賀新年
・迎春
・賀正
・賀春
・献春
・謹んで新春のお喜びを申し上げます
・新春のお喜びを申し上げます
・新年あけましておめでとうございます
・あけましておめでとうございます
・謹んで新春のご挨拶を申し上げます

 

年賀状の挨拶の例文・文例

◆旧年中は格別のお引き立てを賜り暑く御礼申し上げます。本年も相変わらずのご愛顧のほどを切にお願い申し上げます。

◆皆様のご健勝をお祈りいらします。本年もよろしくお願い申し上げます。

◆平素の疎遠を深くお詫び申し上げますと共に、倍旧のご高配を願い上げます。
(倍旧:以前よりも増して)

◆皆様のご多幸を祈り、本年も相変わらずご厚情の程お願い申し上げます。

◆平素のご無沙汰をお許しください。本年もよろしくお願い申し上げます。