サービス終了?!夏のお便り「かもめ~る」のその後と販売時期と購入方法いての詳細

貴方はかもめ~るというサービスを聞いたことはありませんか?かもめ~るは日本郵政が発行する郵便はがきの一つで、夏のおたより郵便はがきと呼ばれています。

そんなかもめ~るの販売時期と購入方法についてですが、残念ながら今現在では発行されなくなっているのです。

かもめーるの買い方や値段、送る際の注意点についてのまとめ※終了

かもめ~るとは

日本郵政株式会社が発行する郵便葉書の一種で、通称・愛称「かもめ~る」として広く知られている呼び名です。正式には「夏のおたより郵便葉書」と呼ばれます。

実は、1950年(昭和25年)から発行されており、当初は「暑中見舞用郵便葉書」と呼ばれていましたが、1986年(昭和61年)より「くじ」(懸賞)付きとなり、愛称「かもめ~る」が付けられた。愛称の制定にあたっては、夏をイメージする「かもめ」と「メール」を合わせた造語で、「カモン・メール」の意味も込められている。

かもめ~るは現在発行されていないのはなぜ?

かもめ~るは長年愛され続けてきた郵便はがきですが、日本郵便は2021年3月29日にかもめ~るについて、2021年度以降発行しないことを発表しました。今までかもめ~るを利用してきた人にとってはショックかもしれません。

かもめ~るが発行されなくなったのは、かねてよりはがきの種類や利用期間を拡大してほしいといった要望があること、そしてかもめ~る自体の発行枚数が年々減少しているためです。

これを受けた日本郵便は「特定期間引受配達地域指定郵便」に関する内国郵便約款を改正し、6月1日から通年で利用できるサービスへと変更しました。

特定期間引受配達地域指定郵便ってなに?

特定期間引受配達地域指定郵便は、宛名の記載を省略したはがきを、差出人が指定した配達地域全てに配達するサービスであり、顧客リストが無くてもダイレクトメールを送ることができるサービス。

特定期間引受配達地域指定郵便は、宛名の記載を省略したはがきを、お客さまが指定した配達地域全てに配達するサービスであり、顧客リストが無くてもダイレクトメールを送ることができるため、販促活動に役立てることができます。

今後の「かもめーる(=特定期間配達地域指定郵便)」はどうなる?

改正後の特定期間引受配達地域指定郵便は日本郵便が発行する通常はがき(年賀はがきを除く)が取扱いの対象になります。差出期間は1月15日から12月14日となっており、名称は変わりますが、ほぼほぼ”いつでも”利用できるようになります。

年末年始の指定郵便(年賀はがき等)については配達地域指定年賀特別郵便(年賀タウンメール)が利用できます。

そしてかもめ~るが2021年度以降発行しないことが正式に決定されたことで、日本郵便は6月1日、暑中見舞いや残暑見舞いなどに使える絵入りはがきを発売します。2021年のデザインは通信面にひまわり、宛名面にはジンベエザメが描かれた夏のあいさつに使いやすいデザインとなっています。

参考:ARモジンベイザメ

https://tegami.yu-bin.jp/ar_mojimbezame/

6月1日から2022年3月31日までの期間限定で、↑のようなはがきのQRコードをスマートフォンで読み込むと楽しいコンテンツを見ることができます。

価格は1枚63円で、全国の郵便局や「郵便局のネットショップ」で購入できます。なお、2021年絵入りはがきに、くじは付いていないので注意しましょう。

かもめーる(=特定期間配達地域指定郵便)はどこで買えるの?

全国の郵便局・コンビニなどの郵便切手類販売所、Webなら「切手SHOP」からお買い求めいただけます。なお、郵便切手類販売所の一部店舗では取り扱っていない場合があります。

特定期間配達地域指定郵便についてのQ&A

どんなときに特定期間配達地域指定郵便を利用しますか?

A,夏のごあいさつに、人生の節目のご報告に、ビジネスシーンなどさまざまなシーンで配達地域を指定してお送りできるサービスになります。

暑中見舞い・残暑見舞いの印刷注文はできますか? デザインは選べますか?

A,暑中見舞い・残暑見舞いの印刷注文なら「郵便局の総合印刷」またはWEBショップをご利用ください。

いつまでが暑中見舞いで、いつから残暑見舞いになりますか?

A,暑中見舞いは小暑〈7月7日〉から立秋〈8月7日〉の前日まで、残暑見舞いは立秋〈8月7日〉以降です。

特定期間配達地域指定郵便を書き損じた場合はどうしたらいいですか?

A,所定の手数料をお支払いいただき、普通切手、通常はがき、郵便書簡、レターパック、スマートレターと交換することができます。なお、手数料は1枚につき5円です。

まとめ

かもめ~るは残念ながら2021年度以降は発行しないので、代わりに暑中見舞いや残暑見舞いなどに使える絵入りはがきが発売されるようになります。

今後はかもめ~るの代わりに絵入りはがきを使うことになるので、使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。