手紙の書き方、英語の手紙の書き方ナビ|Liaty.com

手紙の書き方、英語の手紙の書き方のトータルナビ

特攻隊員が愛する妻や恋人に宛てた本心を綴った手紙と戦地へ赴く覚悟

特攻隊の人が愛する人に宛て本音を綴った手紙

特攻隊というのは特別攻撃隊の略で、太平洋戦争中に編成された特殊部隊。生還の見込みが通常よりも低い決死の攻撃、もしくは戦死を前提とする必死の攻撃を行う攻撃隊のこと。

太平洋戦争の暗い部分として、当時20歳そこそこの若者が国や家族を想い、尊い命を犠牲にして戦地へ飛び立った経緯があり、本音や家族に宛てた想いがつまった手紙が数多く残されています。

 

伊藤甲子美・陸軍衛生伍長が妻に宛てた感謝と気持ち

1944年(昭和19) 5/3、マリアナ島にて戦死。亨年26歳。

季代子 こう呼びかけるのも最後になりました。短かかったけど優しい妻でした。有り難く御礼申し上げます。まこと奇しき縁でしたけど、初めて幸福が訪れた様な気がして嬉しく思っていました。折角永遠の誓いを致しながら最後になりますのは、何かしら心残りですけど、陛下の御盾として果てる事は、私にとりましても光栄と存じます。短い生活で、もう未亡人と呼ばれる身を偲ぶとき、申し訳なく死に切れない苦しみが致しますが、すでに覚悟しての事、運命として諦めて頂きたいと思います。

若い身空で未亡人として果てる事は、決して幸福ではありませんから佳き同伴者を求めて下さい。私は唯、幸福な生活をして頂きますれば、どんな方法を選ばれませうとも決して悲しみません。さようなら季代子、何一つの取り柄のない夫を持って、さぞ肩身の狭き思いでありませう。至らない身、お詫びを致します。何日の日か幸福な妻にさして上げたく思いながら、その機会もなく心残りでなりません。どうぞ御健やかに御暮らし下さいます様、お祈り致しています。さやうなら

 

篠崎眞一・海軍少佐が妻に宛てた本音と感謝

1944年(昭和19)6/29、内南洋方面にて戦死。亨年24歳。東京都出身。横須賀海軍航空隊。

玲子 玲子は日本一、否世界一の妻なりと思っている。苦勞のみかけ、厄介ばかりかけ、何等盡し得なかった事済まなく思っている。四月十五日以来僅な月日であったが、私の一生の半分に價する月日であった。父母に孝養を盡してくれ、私の分迄。私に逢い度くば空を見よ、飛行機を見よ、軍艦旗を見よ。私は其処に生きている。結婚のすべての手續き、六月十二日に横空で完了して置いた。くれぐれも後を賴むよ。私の出来なかった事も玲子には出来る。後顧の憂い一つなく征ける身の幸福を感謝してゐる。最愛の玲子、御身を常に見守ってゐるよ

 

穴沢利夫・海軍少尉が婚約者に宛てた気持ちと本音

1945年(昭和20).4/12、沖縄周辺洋上にて戦死。亨年23歳。

二人で力を合わせて努めて来たが終に実を結ばずに終わった。希望を持ちながらも心の一隅であんなにも恐れていた“時期を失する”と云うことが実現してしまったのである。去年十月、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、我が隊を直接取り巻く情況は急転した。発信は当分禁止された。転々と処を変えつつ多忙の毎日を送った。そして今、晴れの出撃の日を迎えたのである。便りを書きたい、書くことはうんとある。しかしそのどれもが今までのあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何ものでもないことを知る。

あなたの御両親様、兄様、姫様、弟様、みんないい人でした。至らぬ自分にかけてくださった御親切、全く月並みの御礼の言葉では済み切れぬけれど、『ありがとうございました』と最後の純一なる心底から言っておきます。今は徒に過去における長い交際のあとを辿りたくない。問題は今後あるのだから。常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。しかしそれとは別個に、婚約をしてあった男性として、散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

あなたの幸を希う以外に何ものもない。徒に過去の小義に拘る勿れ。あなたは過去に生きるのではない。勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと。あなたは今後の一時々々の現実の中に生きるのだ。穴沢は現実の世界にはもう存在しない。極めて抽象的に流れたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面々々に活かしてくれるよう、自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである。純客観的な立場に立って言うのである。

当地は既に桜も散り果てた。大好きな*葉の候がここへは直に訪れるだろう。今更何を云うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみたい。1、読みたい本。『万葉』 『句集』 『道程』 『一点鐘』 『故郷』 2、観たい画。ラファエル『聖母子像』 芳崖『非母観音』 3、智恵子。会いたい、話したい、無性に。

今後は明るく朗らかに。自分も負けずに朗らかに笑って征く。昭20.4.12

智恵子様

 

伊東勲・海軍一等飛行兵曹

1945年(昭和20).5/10 戦死。亨年20歳。大分県九重町町者原出身。神風特別攻撃隊第六菊水隊。

何も書く事はありません。 只御両親様及び久美子の健在を祈るのみ、勲は決して人におくれはとりません。潔よく散るのみです。目標は正規空母です。十日位したら徳島海軍航空隊第14分隊5班、上野功君に便りして下さい。 写真は受けとったと泣かずにほめて下さい。幸多かれと祈るなり、親戚の皆様に宜敷く。孝養を頼むぞ久美子、安よ頑張れ。宮崎航空基地にて御両親様

 

   

 - 特攻隊員