アメリカ南北戦争(Civil war)の最中のサリバン・バル―が残した想いと家族への手紙

サリバン・バルーは、アメリカの弁護士で南北戦争の際の27歳に亡くなってしまいます。サリバンは、アメリカの内戦の中で、自分が戦死するかもしれないという気持ちの中で、妻へ愛をこめて感謝の手紙を書いていました。

その手紙は、PBS作成の「Civil war(内戦)」の作品の中でも、とても印象的に描かれ、サリバンは妻と家族を深く愛しながらも、この戦争は北軍が絶対に勝たねばならないという国家への忠誠心を優先せざるを得なかった複雑な感情が垣間見える手紙でした。

その手紙は、彼の妻であるサラや子供たちに書かれ、第一次ブルランの戦いで亡くなる1週間前に書いたとされています。

 

サリバン・バルーの覚悟と愛が垣間見える国、仲間、妻、子供に宛てた手紙

July the 14th, 1861 Washington D.C.
1861年 7月14日 ワシントンDC

My very dear Sarah:

愛するサラへ

The indicationsa re very strong that we shall move in a few days ? perhaps tomorrow. Lest I should not be able to write you again, I feel impelled to write lines that may fall under your eye when I shall be no more.

僕たちがこの数日の間に移動することは、ほぼ確実だ。きっと明日になるだろう。また同じことを君に伝えないためにも、僕はこの手紙を君が読むように絶対に書かないといけないという気持ちなんだ。僕がこの世に存在しなくなるかもしれないから。

Our movement may be one of a few days duration and full of pleasure ? and it may be one of severe conflict and death to me. Not my will, but thine 0 God, be done. If it is necessary that I should fall on the battlefield for my country, I am ready. I have no misgivings about, or lack of confidence in, the cause in which I am engaged, and my courage does not halt or falter. I know how strongly American Civilization now leans upon the triumph of the Government, and how great a debt we owe to those who went before us through the blood and suffering of the Revolution. And I am willing ? perfectly willing ? to lay down all my joys in this life, to help maintain this Government, and to pay that debt.

この数日の間に僕たちは移動することになり、それはもしかしたら僕に死をもたらすことになる重大なことになるかもしれない。私は望んではいないが、そこにもう神様はいないんだ。ただやるだけなんだ。

我が国のために戦場に立つことが必要なのなら、僕は準備はできている。これらのことに不安もないし自信も十分にある。仲間たちもまたくじけることなく一緒に戦うんだ。アメリカ国民たちはとてもたくましく、最大の功績をあげようとしていることは十分にわかっている。そして僕たちの前に、この革命のための血の戦場へと足を運んだ仲間たちには本当に恩がきれる思いだ。僕はこの人生を楽しむことはもう望んでいない。政府のために戦い続けること、彼らの恩義にこたえることだけなんだ。

But, my dear wife, when I know that with my own joys I lay down nearly all of yours, and replace them in this life with cares and sorrows ? when, after having eaten for long years the bitter fruit of orphanage myself, I must offer it as their only sustenance to my dear little children ? is it weak or dishonorable, while the banner of my purpose floats calmly and proudly in the breeze, that my unbounded love for you, my darling wife and children, should struggle in fierce, though useless, contest with my love of country?

自分の人生の楽しみを諦めたとき、それは君のことまでも失うことになることはわかっている。そんな人生は悲しみで溢れている。久しぶりに苦い果実を孤児院で食べたとき、僕がするべきことはこの小さい子供達の生命を維持してあげることなんだと思ったんだ。この状況は本当に愚かなことだ。この気持ちが湧き上がってきたとき僕は吹いてきた風をここちよく穏やかにも感じることができた。それは無限の君と子供達への愛なんだ。過酷な状況の中で苦しむことになるだろうけど、愛する国のために仕方のないことなんだ。

I cannot describe to you my feelings on this calm summer night, when two thousand men are sleeping around me, many of them enjoying the last, perhaps, before that of death ? and I, suspicious that Death is creeping behind me with his fatal dart, am communing with God, my country, and thee.

あの夏の夜、2000人もの男たちが僕の周りで寝ていた時、僕の気持ちは言い表せないよ。彼らの多くはきっと最後の夜となる時間を楽しんでいるんだ。そして僕に少しずつ死が忍び寄ってきていると神が言っているような気がするんだ。

I have sought most closely and diligently, and often in my breast, for a wrong motive in thus hazarding the happiness of those I loved and I could not find one. A pure love of my country and of the principles have often advocated before the people and “the name of honor that I love more than I fear death” have called upon me, and I have obeyed.

僕は危険にさらされている中の愛していたのに見つけることができなかった理由をずっと悔やみながら探し続けてきたんだ。自分の命よりも愛し大事に思う人々たち求められる前までは、僕は純粋に母国を愛する気持ちとその信念を提唱し、従ってきた。提唱されていた。

Sarah, my love for you is deathless, it seems to bind me to you with mighty cables that nothing but Omnipotence could break; and yet my love of Country comes over me like a strong wind and bears me irresistibly on with all these chains to the battlefield.

サラ、君への愛は永遠で、それはとても強くて無限の力を持っているんだ。国を愛する気持ちは、強い風のようにやってきて僕はそれに耐えているんだ。それはもう戦場へつながれている鎖のようなものなんだ。

The memories of the blissful moments I have spent with you come creeping over me, and I feel most gratified to God and to you that I have enjoyed them so long. And hard it is for me to give them up and burn to ashes the hopes of future years, when God willing, we might still have lived and loved together and seen our sons grow up to honorable manhood around us. I have, I know, but few and small claims upon Divine Providence, but something whispers to me ? perhaps it is the wafted prayer of my little Edgar ? that I shall return to my loved ones unharmed. If I do not, my dear Sarah, never forget how much I love you, and when my last breath escapes me on the battlefield, it will whisper your name.

ただただ幸せだった君との思い出は僕に忍び寄ってくる。そして神と君に思うんだ、たくさんの時間を僕は楽しんでこれたということを。この先の未来、幸せを諦めて、希望を失うことは僕にとってとても辛いことだけど、もしも神がお許しをくれたら一緒に住み、愛し合い、僕らの息子がたくましく成長していくのを見届けられるはずだよ。

仕方のないことだけど、これは神のお告げに従うことなんだ。そんな中でもそよ風の波にそったかのように僕の耳にだれかが囁いたんだ。それは、無償の愛のもとに戻れる望みはあるということ。もしもそれが叶えられなかったときは、サラ、これだけは忘れないでほしい、僕が君のことを本当に愛していたことを。そして戦場での僕の最後の言葉は、君の名前を囁くんだ。

Forgive my many faults, and the many pains I have caused you. How thoughtless and foolish I have oftentimes been! How gladly would I wash out with my tears every little spot upon your happiness, and struggle with all the misfortune of this world, to shield you and my children from harm. But I cannot. I must watch you from the spirit land and hover near you, while you buffet the storms with your precious little freight, and wait with sad patience till we meet to part no more.

君のたくさんの痛みを与えてしまったことをどうか許してくれないか。僕はなんてひどいことを君にしてきたんだ。いつも君の幸せを思うと涙が流れてくるよ。そして、この状況から君と愛する我が子を守るために必死に戦っているんだ。けどそれはとても難しい。君がこの状況と戦って、またどこかで会えるときまで辛抱している間、僕の役目は君のことを守り続けることなんだ。

But, O Sarah! If the dead can come back to this earth and flit unseen around those they loved, I shall always be near you; in the garish day and in the darkest night ? amidst your happiest scenes and gloomiest hours ? always, always; and if there be a soft breeze upon your cheek, it shall be my breath; or the cool air fans your throbbing temple, it shall be my spirit passing by.

だけどサラ、もしも死がこの地球にやってきて彼らの愛したものたちを見失ってしまったら、僕はいつでも君のそばにいるからね。どんなに明るい日だろうとも、暗闇の夜だろうとも、どんなときでもいつも君の幸せの中にいるからね。君の頬にそよ風を感じたときは、それは僕の息なんだ。君の中に冷たい空気がずきずきとやってきたときは、僕の魂が通り過ぎたときなんだ。

Sarah, do not mourn me dead; think I am gone and wait for thee, for we shall meet again.

サラへ、これ以上僕の死を悲しむ必要はないんだよ。僕はここで君とまた会える日まで待っているんだから。

As for my little boys, they will grow as I have done, and never know a father’s love and care. Little Willie is too young to remember me long, and my blue-eyed Edgar will keep my frolics with him among the dimmest memories of his childhood. Sarah, I have unlimited confidence in your maternal care and your development of their characters. Tell my two mothers his and hers I call God’s blessing upon them. O Sarah, I wait for you there! Come to me, and lead thither my children.

愛する我が子へ、僕が育ってきたように君達も育っていくだろう。きみたちへの愛情は計り知れないほどなんだよ。リトル・ウィリーは小さすぎてあまりお父さんのことを覚えていないかな。僕の青い目受け継いだエドガーはぼんやりと一緒に遊んだことを覚えていてくれているかな。

サラ、君は本当に素晴らしい母親だよ。僕の親愛なる母である神にどんなけ僕は恵まれているか伝えよう。あぁ、サラ、僕はここで君を待っている。僕のもとに子供達ときておくれ。

Sullivan
スリビアン

   

 - 著名人