ランドルフ・チャーチルが結婚前の妻ジャネットに送ったラブレター

ランドルフ・チャーチルの人物像と活動

1849年に第7代マールバラ公爵ジョン・スペンサー=チャーチルの三男として生まれ、イートン校からオックスフォード大学マートン・カレッジへ進学。1874年にアメリカ人投機家の娘ジャネット・ジェロームと結婚し、長男ウィンストンをもうける。ヴィクトリア朝の保守党において、ディズレーリの「トーリーデモクラシー」の継承者を自任し、党執行部に従わない独自活動を行った政治家としても有名

 

ランドルフ・チャーチルが妻になる前のジャネットに送った手紙

LORD RANDOLPH CHURCHILL – AUGUST 1873

I cannot keep myself from writing any longer to you dearest, although I have not had any answer to either of my two letters. I suppose your mother does not allow you to write to me. Perhaps you have not got either of my letters…I am so dreadfully afraid that perhaps you may think I am forgetting you.

僕が今持っている2通の手紙からは何の返事もないけど、これ以上君への想いを伝えることはもう出来ない気がするよ。きっと君のお母さんが僕に手紙を書くことを許してくれないんだろうね。きっと一通も僕の手紙を受け取っていないんだろう。僕のことを忘れてしまっているんじゃないかと思うと、とても不安です。

I can assure you dearest Jeannette you have not been out of my thoughts hardly for one minute since I left you Monday. I have written to my father everything, how much I love you how much I long & pray & how much I wld sacrifice if it were necessary to be married to you and to live ever after with you.

僕が月曜日に君の元を去ってから、一分たりとも君のことが頭から離れることはないよ。僕が君のことをどれほど愛し、君と結婚できますように、ずっと一緒にいれますようにと強く祈っていること、全てを父親に話しました。

I shall [not] get an answer till Monday & whichever way it lies I shall go to Cowes soon after & tell your mother everything. I am afraid she does not like me vy much from what I have heard…I wld do anything she wished if she only wld not oppose us. Dearest if you are as fond of me as I am of you…nothing human cld keep us long apart.

きっと月曜日まで何の返事もないだろう。 どうであれ僕はCowesに向かい君のお母さんに全てを話すつもりです。きっとお母さんは僕のことを好いてはいないだろうけれど。だけど、君のお母さんが望むことは何でもやるつもりでいるよ。僕たちの結婚を反対すること以外はね。君が僕と同じように愛してくれているのなら、この状況にもう耐えられないよ。

This last week has seemed an eternity to me; Oh, I wld give my soul for another of those days we had together not long ago…Oh if I cld only get one line from you to reassure me, but I dare not ask you to do anything that your mother wld disapprove of or has perhaps forbidden you to do… Sometimes I doubt so I cannot help it whether you really like me as you said at Cowes you did. If you do I cannot fear for the future tho’ difficulties may lie in our way only to be surmounted by patience.

この一週間は僕にとってすごく長いように感じたよ。あぁ、君と一緒に過ごしたあの数日に戻れないものか。もしもあの一時に戻れたのなら、僕はとても幸せだ。でもこれ以上、君のお母さんが僕たちの関係に賛成してくれるか、君が僕といることを禁じるのかどうか、そんなことをもう君に聞いたりはしない。君がCowesで僕のことを好きといってくれたことは本当だったのかなぁ。確信が持てないんだ。だけどもしも本当に僕のことを好きだというなのなら、僕はこれから恐れず、困難に立ち向かえそうだよ。

Goodbye dearest Jeannette. My first and only love…Believe me ever to be Yrs devotedly and lovingly,

さようなら、 愛するジェネット、君は僕が初めてこんなに愛した女性だよ。
心から愛しているよ。

Randolf S. Churchill
ランドルフ チャーチル

   

 - 著名人