入学のお祝いの手紙の書き方と例文

入学のお祝いの手紙のポイント

magnolia-trees-556718_1280

子供の成長は親にとっては大変でもありますが、嬉しいものです。ピカピカのランドセルや新たなお友達との出会いのある中学、高校と、嬉しいひとつのイベントになりますので、手紙を書いてお祝いしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

友人、知人、姪っ子甥っ子への入学のお祝いの手紙は、本人もさることながら、親御さんへの祝辞という面もあります。

 

これからスタートする生活は、親御さんも一緒です。親御さんへのお祝いも伝えられるとより素敵な手紙になるかと思います。

 

 

入学のお祝い文例

例文その1


 

春とはいいながら、いつもまでも寒い日が続いております。皆様にお変わりはございませんでしょうか。

この度は、太郎君が小学校に入学されましたとのことと、誠におめでとうございます。

可愛い盛りではございますが、もうご入学とは月日が経つことの速さに驚いております。ご両親のお慶びはひとしおかと思います。学用品はもう尾揃えになられたことと思いますので、図書券を同封させて頂きました。

まずはお慶びまで申し上げます。

平成○年○月○日


 

 

 

 

例文その2


拝啓

春暖の候となりましたが、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。当方のおかげさまでつつがなく暮らしております。どうかご安心下さい。

さて、太郎君が今度小学校に入学とこのこと、本当におめでとうございます。可愛い男の子と思っておりましたが、月日が経つのは早いものですね。2年ほど前にお会いした時のことを思い出し、感慨深いものがあります。

「子供の成長ぶりから両親が与えられる幸福はなにものにもかえがたい」といったのは誰でしたでしょうか。まさに、その瞬間ではないでしょうか。うらやましいかぎりです。

お祝いの印として、平凡な文房具を別便にてお送りしました。ほんの気持ちばかりですが、どうぞお受け取り下さい。

太郎君にもおめでとうとお伝え下さい。

まずは右お祝いまで

敬具

平成○年○月○日


 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です