出産のお祝いの手紙の書き方と例文

出産のお祝いの手紙の書き方

stork-42449_1280

出産はその夫婦にとってとてもおめでたい出来事になり、女性にとっては大切なものになります。旦那さんあてに手紙を出す場合でも、婦人へのひところを添えると喜ばれます。

 

入学、卒業同様、夫婦にとっては新しい門出になりますし、とてもおめでたいイベントになりますので、そういった視点でも言葉を綴るといいでしょう。

 

 

 

出産を祝う

カジュアルな例文


○○様

女の子が生まれたそうですね。誠におめでとうございます。

初めてのままとなった感想はいかがですか?初産の後は調子が良くても無理しないで、せいぜい家族の方に甘えたほうがいいですよ。私は経験がないけれど、姉のときがそうでした。

お祝いにといろいろ考えたあげく、小さな手袋と靴下を選びました。自分の手で顔を傷つけてしまうかもしれないらしいので、気に入って頂けたら使ってみてください。

名前は決まりましたか?また、機会を見つけて、赤ちゃんに会いに行きます。新米パパにもよろしくお伝え下さい。

花子より

平成○年○月○日


 

 

 

フォーマルな例文


拝啓

早春のみぎり、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶びもうしあげます。

この度は、奥様にはご安産、しかも待望の女の子のお子さんとまずは心からお祝い申し上げます。

小生にも経験がありますが、無事出産と聞いてほっとする気持ちは、二度目とお子さんとはいえ格別ではないでしょうか。

母子ともに順調と伺い、なによりとお慶び申し上げます。大役を果たされた奥様には、いたわりの心をもって十分休養させて下さい、との家内よりの申し出です。

なお、粗略ながら別送の品お納めの程願い上げます。いずれ近日中に参上して、かわいいお嬢さんにお目もじの栄を得たいと存じております。奥様にはくれぐれもよろしくお願い致します。

まずは右、お祝いまで。

敬具

平成○年○月○日


 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です