引受時刻証明郵便サービスの詳細と出し方・料金についてのまとめ

引受時刻証明とはどういったサービスで何ができるのか

一般書留とした郵便物・ゆうメールについて、その表面と受領証に「引受時刻/〇年〇月〇日〇時〇分」と記載して、窓口で引き受けた日時を日本郵便が証明するオプションサービス。

引受時刻証明の料金について

引受時刻証明 郵便物(手紙・はがき) +310円(基本料金に加算)
ゆうメール +310円(基本運賃に加算)

※一般書留とする必要があります。
※速達、一般書留、配達証明、内容証明、特別送達、本人限定受取、代金引換、配達日指定以外のオプションサービスとすることはできません。

引受時刻証明の料金一例

★25gまでの定形郵便物の場合・補償は10万円以内
82円(郵便料金)+430円(一般書留料金)+310円(引受時刻証明料金)=822円

引受時刻証明の詳細とポイント

引受時刻証明は引受番号を表示した年月日・時刻を郵便物等の表面と受領書に記載することで証明するサービスで時刻の表示は基本として24時間制。秒の記載はなく、分に切り上げます。

   

 - 手紙の出し方