暑中お見舞いのはがきを印刷・プリントサービスの比較

暑中お見舞いのハガキを送る場合、自分で詳細を印刷するか、プリントサービスで印刷してもらって送るのが一派的で主な方法になります。

自分の環境や状況等について確認し、それぞれのメリットとデメリットを考えながら、どちらで印刷するかを確認して、ハガキを準備してみましょう。

暑中お見舞いのハガキを印刷

暑中見舞いとは

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために家を訪問したり、手紙を出すこと。または、その手紙や贈り物そのものを指す。関連する残暑見舞い(ざんしょみまい)についても取り扱う。
本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨のものであるが、現在は単なる社交辞令となっている面もある。

定期的な挨拶と近況についてコミュニケーションをするのが主な目的で、今はそこまで形式ばった暑中見舞いの連絡というもの自体少なくなって来てはいますが、年賀状等と合わせて季節のあいさつとしてハガキを出す場合もあるでしょう。

そうした時に、既製品のハガキを買うかあるいは自分で印刷するか、もしくは印刷を頼むかという選択をすることになるかと思います。今回は、自分で印刷するケースと印刷を頼むケースを比べていきたいと思います。

 

①自分で暑中見舞いのハガキを印刷する

メリット
☆コストはハガキ代+インク代
☆デザインの自由度が高い

デメリット
★印刷に掛かる時間の手間
★プリンタ操作とソフトインストールの手間

ポイント

コストはGOOD、パソコンソフトとプリント作業は手間

 

②印刷サービスを利用して暑中見舞いのハガキを印刷

メリット
☆注文するだけで2、3日で完成の手軽さ
☆デザイン豊富、文の校正チェックもプロが行う

デメリット
★自分で印刷するよりも少々コスト高

ポイント

コストは少々高い、プロに任せるので間違いはナシ

 

 

暑中お見舞いを印刷サービスと自分で印刷する

自分で印刷するならソフトウェア型で簡単印刷

筆ぐるめストア

fudegurume

ポイント
元祖はがき・住所録ソフト。残暑・暑中見舞いなどの挨拶文や年賀状、ビジネスでも使える封筒や名刺、タック紙などが作れて、1年中いろいろ使えます

◆オールシーズン対応
◆提携文章2723例

公式サイトボタン

 

印刷・プリントサービスでらくらく印刷

挨拶状ドットコム

syotyuumimai
ポイント
お客様の要望に合わせて、プロがデザインしたものをもとにレイアウトと校正も可能の自由度の高さ。文章や写真の挿入などに対応しており、オリジナルとしてハガキを作成することが可能

◆宛名印刷も楽々プリント
◆最短翌日発送の短納期で安心

公式サイトボタン

 

   

 - 暑中見舞い