引っ越しの報告のはがきを印刷・プリントするおすすめのサービスとメリット

引っ越しの連絡・報告のハガキを送る場合、自分で詳細を印刷するか、プリントサービスで印刷してもらって送るのが一般的で主な方法になります。それぞれのメリットとデメリットを考えながら、どちらで印刷するかを確認して、ハガキを準備してみましょう。

引っ越しの報告のハガキ

引っ越しの通知とは

引っ越しをして住所が変わってしまった時に、職場や親戚、友人への引っ越し通知、報告のハガキについては、あらたな住所や近況を伝えるのが一般的になっています。

お世話になっている人や今後連絡を取るのに住所が変わってしまって困らないための通知になりますので、面倒がらずにしっかりと連絡はとっておいた方が、その後に疎遠にならずに交流を続けられるのできちんとしておきましょう。

◆旧住所ではなく新住所への引っ越しの報告が目的

◆住所変更によるトラブルや交流が途絶えるのを避ける

 

引っ越しの通知・報告を印刷(プリント)して準備する

引っ越しの通知が馬鹿にできないくらい大切なこととご理解していただいたら次は、印刷方法と準備についてになります。引っ越し自体の慌ただしさの前後で徐々に準備していかなければならなくなるので、なるべく負担なく事前の準備をやっておきましょう。

方法としては大きく分けて二つ。「印刷を頼むか」「自分でやるか」になります。それぞれのメリットやデメリットがありますので、自分のおかれている状況等を考慮してどちらにするか決めていきましょう。

 

①印刷サービスを利用してハガキを印刷

メリット
☆注文するだけで2、3日で完成の手軽さ
☆デザイン豊富、文の校正チェックもプロが行う

デメリット
★自分で印刷するよりも少々コスト高

忙しくて準備している暇がないという人は、頼んでしまった方がスムーズで丁寧なものに仕上がるでしょう。

 

②自分でハガキを印刷する

メリット
☆コストはハガキ代+インク代
☆デザインの自由度が高い

デメリット
★印刷に掛かる時間の手間
★パソコンの操作とソフトインストールの手間

パソコン操作、ソフトの使い方とプリンターの手間も問題なく安くあげたいという人はおすすめ

 

引っ越しの報告を印刷サービスと自分で印刷するのを比較

印刷・プリントサービスでらくらく印刷

挨拶状ドットコム

hikkoshi
ポイント
お客様の要望に合わせて、プロがデザインしたものをもとにレイアウトと校正も可能の自由度の高さ。文章や写真の挿入などに対応しており、オリジナルとしてハガキを作成することが可能

 
◆宛名印刷も楽々プリント
◆最短翌日発送の短納期で安心

公式サイトボタン

 

自分で印刷するならソフトウェア型で簡単印刷

筆ぐるめストア

fudegurume

ポイント
元祖はがき・住所録ソフト。残暑・暑中見舞いなどの挨拶文や年賀状、ビジネスでも使える封筒や名刺、タック紙などが作れて、1年中いろいろ使えます

◆オールシーズン対応
◆提携文章2723例

公式サイトボタン