借金の催促の手紙の書き方と例文

借金の催促で気を付けること

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK83_tableniokareta108encyouhizei20140304-thumb-1000xauto-16750

出来ればあまり書く機会のない方がいい手紙の書き方になりますが、書く場合はなるべく自分の意図はハッキリ書くようにしましょう。

 

その方がお互いのためです。

 

催促のお手紙の場合、状況と相手にもよりますが、あいまいな表現だとお互いに損をする場合が多くありませす。相手に軽るんじられるような弱気の手紙であると、思いが伝わらないといった書いた側としては問題となる場合があります。

 

もちろん、相手を怒らせるのが目的ではありませんので、あくまでこちら側の意図をはっきりさせるという形で伝えましょう。

 

 

借金、立替金への催促の文例

 


前略ごめんください

本日は、過日ご用立ていたしました○○万円の件でお手紙を差し上げました。先日も、お手紙を差し上げましたが、なんのお返事もいただけないのは、いろいろとお考えになり、ご苦労をしておられるためと拝察いたします。しかし、当初のお約束をすでに過ぎてますので、ご連絡だけでも頂けますでしょうか。

当方といたしましても決して余裕があるわけではございません。全額がご無理なら、半額でも構いません。具体的な返済日だけでもお知らせ頂きたく存じます。金銭の貸し借りのトラブルで、お互いに嫌な思いをし、長い間の友情が崩れてしまうのはとても残念です。

なにぶんご配慮くださいますように、切にお願いいたします。

かしこ


 

 

難しい手紙だけれども気持ちはハッキリと

caution-454360_640

お金の貸し借りというのは非常にシビアな問題になります。ですが、お互いにとって気持ち自体が曖昧でさらに関係がこじれてしまうというシチュエーションは理想的ではありません。

 

アチラ側の気持ちも考慮しつつ、こちらの気持ちもしっかりと伝えましょう。なんで書いたのかわからないような曖昧な手紙でしたら書かない方がマシです。

 

こちらに気持ちはストレートにはっきりと伝えましょう。お金に関するトラブルというのは曖昧な表現を避けるべきです。お互いに後々嫌な思いをしないようにしっかりと対応するように心がけましょう。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です